2011年02月26日

2011年2月26日 朝日新聞夕刊be

2011年2月26日(土)夕刊be
記者:畑川剛毅
コーナー名:スタートライン
見出し:オーネット・結婚アドバイザー 恋愛後押し 平崎真野さん(30歳)


「結婚を前提につきあいたいと告白したら返事がない。どうしたらいい?」
「残念だけどそれが彼女の答えだと思います。ほかの方を探してみては」
 こんなやり取りを交わしながら、会員の自由恋愛を助け、結婚に導く。
 大学を出て、教育関係、美容関係と転職した。接客が主体だったが「関わりは社員とお客様のまま。もっと人の心に踏み込んだ仕事がしたい」と、2008年夏に入社した。
 直後に自身が結婚。自分はまだ先だと思っていたが、会員に接するうちに急に結婚したくなった。
「パートナーは大事だと本気で言えるようになった」。
 一人の会員の入会から大会まで一貫して受け持つ。20〜30代を中心に約100人を担当、これまで14人が結婚した。「結婚を望む独身男女だけが母集団の3万人からお相手を探すシステムは極めて合理的だと思う」。
 会員は(1)互いの希望条件に合う男性6人のプロフィルが毎月届く(2)会報誌掲載の会員の中から月8人まで申し込める(3)年3回各10人まで画像検索できる。別料金でパーティーやイベントでの出会いの機会もある。だが交際を申し込み受けてもらえるのは、数人に1人が現実だ。
 心がけているのは、行動を止めないでもらうこと。交際申し込みをしばらくしていない、サイト上のマイページにログインしていないといった会員に積極的に連絡をとり、相談に乗る。同時に頼られすぎないようにしている。特定のだれかを結びつける「仲人」の役割ではなく、もつれた糸をほどくように交際を後押しする役割に徹する。
 30代前半の女性会員から「正式におつきあいしようと言ってもらえない。でも、毎回『次はいつ会おうか』と誘われる。私は特定の人なのでしょうか」と悩みが寄せられた。「それとなく、どんな気持ちで誘っているのか聞いてみたら」と答えた。男性からは「そのつもりでつきあっていたけど分からなかった?」と拍子抜けする返事。2人は結婚を前提にする段階に移ったことを示す会員休止の手続きをとり交際を深めている。うれしさと同時に、自分の一言が一生を左右する重みを感じる。
 耳の痛い指摘をしなければならない場合もある。男性は年齢に、女性は年収、学歴、慎重にこだわる傾向がある。出会いが減ることをデータで示し、現実に戻るように促す。そうした時、どこまで踏み込むか、会員との間合いの取り方が難しい。
 3年弱の経験から、素直にアドバイスを聞き積極的に行動する会員の成婚率が高いと感じる。受け持つ会員全員の「退会はそろって2人で」が目標だ。

◇こんな会社◇
<オーネット>
【社員数】134人(うち女性95人)
【昨春入社※】院修了91人(同21人)大卒305人(同147人)専門学校卒2人(同1人)=2010年度はオーネットへの配属なし
【給与※】大卒初任給30万円、平均年収681万円
【平均勤続年数(平均年齢)】男性8.8年(44歳)女性8.1年(45歳)
【女性管理職】課長級5人、支社長16人など26人
【有給休暇消化率】24%(※は楽天グループ全体での数字)
1980年創業。07年末に楽天のグループ会社となり現社名に。本社は東京都品川区。結婚情報紹介サービス大手。楽天グループとして11年度は600人入社予定。3年後の新卒定着率は非公表。中途採用を通年実施し、10年は12人採用。自己都合で退職した社員の再雇用制度がある。



【キーワード】
・就職の先輩というコーナー趣旨
・就職に至る過程から、仕事の醍醐味と苦労
・企業情報(年収など)の開示
posted by メディアウォッチャー at 11:00| Comment(0) | 朝日新聞(夕刊be) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

2011年2月25日 読売新聞地方・東京面

2011年2月25日(金)地方・東京面
記者:川床弥生
見出し:女子注目!科学カフェ 専門家招き、分かりやすく 「お茶会」感覚で参加


コーヒーや紅茶を飲みながら科学の話に花を咲かせる参加者たち(19日、台東区谷中で)  お茶をしながら気軽に科学を楽しみませんか――。下町の小さなカフェで、ざっくばらんに科学について語り合うサイエンスカフェが開かれている。ゲストには毎回専門家が招かれ、若い女性の参加が多い。「科学が身近になった」「質問しやすい」と評判は上々だ。(川床弥生)

台東区谷中の「cafe&bar さんさき坂」。19日の夕方、サイエンスカフェ「WEcafe(ウィーカフェ)」が開かれていた。約15人の参加者のうち、半数以上が女性だ。この日のテーマは「統計にだまされない方法」で、線虫を研究している農業環境技術研究所特別研究員の竹本周平さんをゲストとして招いた。

グループワークでは、二つの事柄両方に影響を与える「交絡」要因を取り上げた。参加者はその場で思いついた「朝ごはんを食べない人」「平均年収が高い」という二つに影響を与えそうな第3の要因を考えた。

「夜勤をしているから」「外国株のデイトレーダーだから」などの意見が次々に挙がり、主催するウィーカフェの蓑田(みのだ)裕美さん(26)が「本当は関係ない事柄なのに、間に別の要因が入ると一見『そうかも』と感じませんか。これが交絡要因です。統計結果も、一つの要因だけが影響するとは限りません」と説明すると、参加者はみな納得した表情を浮かべた。

その後は、日頃の疑問や感じたことなどについて、研究員を交えながら、会話に花を咲かせた。

初めて参加した葛飾区亀有、会社員伊藤聡美さん(26)は「わかりにくいと思っていた科学に興味が出てきた」と話し、インターネットで見つけて初めて参加したという横浜市港北区の養護教諭熊田奈緒子さん(26)も「テーマが身近でおもしろい」と満足げだった。

「講演会のような一方通行ではなく、顔を合わせながら科学を話せる場を作りたかった。科学を好きにならなくても興味を持つきっかけになれば」。そう話す蓑田さんは、国立科学博物館が認定するボランティアの「サイエンスコミュニケータ」を務めており、本職は大手化粧品メーカーの研究員だ。

こうした小規模のカフェは昨年3月から始め、少しでも興味を引こうと、これまで「ワラビ」「脳科学」「小笠原諸島の生物の進化」などのテーマを取り上げてきた。参加費は300円で、1ドリンクを注文するのが決まり。お茶会感覚で参加できるので20〜30歳代の女性が多いという。

ウィーカフェは月に1、2回開催しており、定員は毎回15人。詳細はホームページ(http://blog.goo.ne.jp/wecafe/)で。


【キーワード】
・女性と科学という意外性
・定期的に開催しているという継続性と、読者の参加可能性
・記事では写真が使用されている




posted by メディアウォッチャー at 19:41| Comment(3) | 読売新聞(地方面・東京) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

2011年2月23日 日経MJサービス&エンターテイメント

2011年2月23日(水)サービス&エンターテイメント
コーナー:「パスファインダー 活路はどこに」
対象:ノバレーゼ社長 浅田剛治氏
記者:杉垣裕子
見出し:中国で婚礼受注 どう開拓 日本風の演出 普及促す


少子化による婚姻数の減少で長期的には縮小が見込まれる国内のブライダル市場。
式場運営各社にとっては国内競争に打ち勝つだけでなく、新たな客層の開拓が大きな課題だ。
そんな中、ノバレーゼは昨年秋、中国で婚礼受注に乗り出した。
日本風の挙式・披露宴は受け入れられるのか。浅田剛治社長に聞いた。

−中国・蘇州で結婚式の運営に参入して半年弱たった。手応えは。
「中国は今、結婚式ブームだがハードもソフトも伴っていない。現地の結婚式には起承転結がなく、参列者が自由に出入りして飲食を楽しむというのが一般的。
日本のスタイルとは大きく異なる。しかし、日本風のウェディングも受け入れられてきている。新郎新婦によるキャンドルサービスやケーキ入刀、生い立ちや両親に感謝の気持ちを示す映像を流して涙を誘うという演出も好評だ」
「まだ売上高などを公表できる段階には至っていないが、1〜2年で事業の基盤をつくりたい。受注件数は今年度中に300件が目標で、将来は年間500件を目指したい」

−式場の運営は始めたものの、現地企業との正式契約まで時間がかかるなど課題も多い。
「商習慣の違いに加え、スタッフのマネジメントも課題だ。社員4人を派遣して、ウェディングプランナーら現地スタッフの教育にあたっているが、仕事に対する考え方や文化が異なっているため意識改革が必要だ。日本風の婚礼を提案したいのに、プランナーが慣れ親しんだやり方を薦め、結果的に中国流になってしまうケースもある」

−今後の海外展開は。
「今春、蘇州の式場の近くに婚礼衣装店を開く。台湾のドレスメーカーが出店し、運営やウェディングドレスなどのデザインは当社が手がける。今後、海外で式場を展開する際も婚礼衣装店とセットで運営していく。中国での採用活動も始める。今年は一流大学の卒業生3人ぐらいを採用する予定。最初は日本で働いてもらい、将来は中国の式場の責任者になってもらいたい」
「中国での式場運営の依頼に加え、韓国、タイ、ベトナムからもオファーがたくさんある。まだ話はまとまっていないが、海外では過大投資はせず、ハードを提供してもらい、そこにノウハウを注入して事業を拡大していく。結婚式はこうやるんだという文化を伝えていきたい」

−日本の業界動向をどう見る。
「ゲストハウス(邸宅風式場)の出店は落ち着いてきている。今後は淘汰が進むだろう。実際、ゲストハウスや結婚式場の賃貸・売却が増えてきている。集客力を保つにはハードのこまめなメンテナンスや改装が重要で、その資金力のない企業が脱落している」
「そうした式場などの再生に特化した新業態『ふれあーじゅ』を立ち上げた。初期投資を従来の4分の1にし、商品力を生かしたパッケージ型の提案で組単価を抑える。これまで当社は約420万と平均より高い層を対象にしていたが、300万前後のボリュームゾーンもとりにいく」

−安さを強調した結婚式の宣伝が最近目立つ。
「日本ではご祝儀に見合った結婚式をしようという意識もまだ強く、脅威には感じていない。
当社も低価格に移るわけではない。これまで通り高価格帯の式場の出店も続ける」



【キーワード】
・日本市場の伸び悩み→海外進出というストーリー
・中国進出して半年後というタイミング
・受注件数の目標値(売上高、売上目標はなし)
・今後の具体的な海外展開(蘇州の式場近くに婚礼衣装店)


posted by メディアウォッチャー at 11:17| Comment(0) | 日経MJ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。