2011年04月08日

2011年4月8日 読売新聞経済面

2011年4月8日(金)経済面
記者:西原和紀
見出し:日本橋洗浄 「次はお濠を」
(アルフレッド・ケルヒャー ハルトムート・イエナー会長 45歳)


 3日で架橋100周年を迎えた国の重要文化財「日本橋」(東京都中央区)を洗浄し、日本の中心にふさわしい名橋の品格をよみがえらせた。
 2001年から、ドイツに本社を置く世界最大の清掃機機メーカーの会長を務めている。日本橋の洗浄は社会貢献活動の一環で、10年11月から、専門家など5人がかりで自社の高圧洗浄機などを使って行った。石造り2連アーチ橋の側壁や欄干は本来の白さを取り戻し、「とてもすてきな橋になり、自分でも驚いた」と満足そうだ。
 ただ100年の汚れを落とすのは容易ではなかった。一方で、歴史的な記録は残そうと、東京大空襲の際に焼夷弾が当たった焦げ跡は消さないように配慮したため、作業を終えるまでに約6週間もかかった。
 「素材を傷めずに汚れを落とすために、科学的な研究を続けている」といい、これまでにニューヨークの自由の女神像やベルリンのブランデングルク門など世界約100か所で歴史的建造物や彫像の洗浄・再生を手がけた実績を持つ。
「建物などを見ると、必ずきれいにした方がいいなと思ってしまう。汚れていたら、その価値は損なわれてしまうから」と力説する。
 現在、約2000種類の業務用や家庭用の清掃機器を約190か国で販売している。1988年に設立した日本法人(宮城県)の10年の売上高は約84億円だった。だが、潜在的な需要を取り込めば800億円まで拡大できると見込む。
 「食事はスシだけで生きている」というほどの日本びいきだ。蓄積したきたノウハウを駆使し、「次は皇居のお濠をきれいにしたい」と“夢”を語る。




【キーワード】
・海外の企業が、日本の伝統的な日本橋を洗浄するという意外性
・「100年の汚れを落とす」という、プロジェクト自体の面白さ
・海外での実績と、日本でも「800億円なる」という見通し
・当プロジェクトについては、2011年2月7日に発表済み
 (http://www.karcher.co.jp/news/news_20110208.html
・「経済ひと点描」は、原則的に毎週金曜日掲載
【関連する記事】
posted by メディアウォッチャー at 11:00| Comment(5) | 読売新聞(経済面) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
グリーにハマっている人集まれ!自分のグリー度を測れるサイトが誕生!!簡単チェックであなたのグリーレベルをバシっと診断!最近始めた人もマニアレベルの人も今すぐチェック!
Posted by グリー at 2011年08月12日 21:04
副業でお小遣い稼ぎしませんか?ライター募集のご紹介です。自宅で出来るので空いた時間にお仕事可能です。真面目に取り組んでいただけるあなたからのご応募をお待ちしております。
Posted by ライター募集 at 2011年08月20日 07:10
空いた時間にお小遣い稼ぎをしませんか?ライター募集のご案内です。簡単な在宅ワークで安定した副収入を得ることができます。努力しだいで高額の副収入を得ることも可能です。
Posted by ライター募集 at 2011年09月12日 00:36
本気で恋人が欲しくありませんか?デコログで見つかる理想の恋人!あなたのタイプの恋人をデコログで見つけよう!女性に大人気のデコログをあなたも初めてみませんか?
Posted by デコログ at 2011年09月17日 08:05
mxiは新しいちょっぴり大人のコミュニティ♪人と人とのつながりをテーマに運営しているソーシャルコミュニティサイト「mxi」で全く新しい出会いを探してみませんか?
Posted by mxi at 2011年10月29日 03:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。